□ Latest Log

18年10月09日:新型ZENITついに公開

 ソ連時代からの光学機器工場であるКМЗ(KMZ/クラスノゴルスク機械工場。現Shvabeホールディングの一員)の カメラブランドであったものの、デジタル時代に入って消え去ったと思っていたZENITが2018年にブランド を復活させるという情報があり、いつになるかと首を長くして待っていました。ネットを見てたらZENIT Mという名で 9月末のフォトキナでついに公開されたと知り、大急ぎで調べることに。

 デジタル処理の技術が不足しているためか電気系を国外の企業が分担すると前情報があり、中国かなと想像していましたが 提携先は想定外のライカだそうで。見た目は無骨な感じで中々好みですが、やはりキリル文字では無くて全てアルファベットなのが残念です。 価格として元々高額帯狙いと情報がありましたが、参考価格5000ユーロを日本円に換算したら即断できる金額ではないですね。 500台限定という事でプレミアム商品といった感です。この機種で終わらず今後ZENITブランドで新機種を開発していくという情報もあり 楽しみです。

 カメラの知識はほとんど無いですが相当発売を期待していた商品なので欲しい気持ちは高まっています。 が、今後ラインナップが増えることを考えると次の展開を待つべきかなもと気持ちは揺れています。


18年11月28日:MCP Japan

 アナログオシロスコープを現役でラインナップしているMCP Japanという会社を知りました。調べてみたら 中国企業の日本支社のようです。ラインナップを見ると今はあまり見る事の無いカーブトレーサやオーディオジェネレータ、 プリミティブなホイートストンブリッジ、教育用のメーターなどなどバラエティ豊富で見ていて楽しかったです。


18年12月31日:今年も終わり

 今年も一年が終わりました。来年からもしばらくは大変そうで気が重いです。 今年最後のイラストとして重装輪回収車とAURUS SENATリムジンを描きました。 8輪の大型車両が好きなので、2018年にちなんで何台か描く計画はありましたが成果は1台でした。

 AURUSはロシアが今年公開した新たな高級車ブランドです。リムジンだけでなく ミニバンやSUVもラインナップし、国外にも販売する計画との事。エンジンはソ連時代から続く ロシアの自動車開発機関のНАМИがポルシェエンジニアリングと共同開発したものですが、 最高性能版としてV12クアッドターボ850hpも開発中だとか。トランスミッションは ロシアKATE R932 9段オートマチックを搭載するようです。今後どうなるか楽しみです。


以前の日記

□ Update Info

18年12月31日

Aurus Senat
Aurus Senatリムジン

重装輪回収車


18年12月29日
過去イラストの更新

Mack Anthem


17年12月31日
過去イラストの更新

LADA Niva
LADA Niva

ルノー21ターボ
ルノー21ターボ

International LoneStar
International LoneStar

Western Star 5700XE

Peterbilt 579

FreightLiner Cascadia Evolution

Mack Titan

Kenworth W900

LADA Vesta

Ashok Leyland Stallion

Dacia 500


以前の更新履歴